Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学連携でセキュリティ人材の育成スキームを構築

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、産学共同で情報セキュリティに精通した人材育成に向けて検討会を発足した。

同検討会には、同協会をはじめ、ICT教育推進協議会(ICTEPC)、日本セキュリティ監査協会(JASA)、JPCERTコーディネーションセンタのほか、有識者、セキュリティベンダーなど民間12社などが参加。検討会の座長には東京大学教授の江崎浩氏が就任、事務局は同協会が務める。

情報セキュリティの重要度が増す一方で、産業界の求める人材と教育機関で育てる人材の不一致や、教育機関における環境の未整備、企業側で継続的な教育ができないといった課題があることから、人材育成やスキル向上などの実現に向け、産学で連携して方策について検討する。

具体的には、教育内容の整備や受講環境の構築、単位互換制度やリカレント教育、インターンシッフ制度なと検討し、スキーム構築や提供を目指す。2012年6月までに課題を整理してスケジュールを決定し、2012年末までに計画を実施に移す予定。

(Security NEXT - 2012/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRT人材の育成方法をまとめた資料を公開 - 日本シーサート協議会
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
那覇市の図書館システムがランサム被害 - 貸出や予約に影響
トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会