Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沈静化したスパムボットネット「Lethic」が再び活性化 - フォーティネットが観測

一時沈静化したボットネット「Lethic」が、再び活性化しており、大量スパム送信を行っている。米Fortinetが確認した。

「Lethic」は、2008年に確認され、違法薬品販売のスパム配布に利用されたことで知られるボットネット。一時流通するスパムの8から10%を占めるなど活発な動きが観測されたが、ISPなどの協力により、2010年はじめにテイクダウンに成功している。

しかし、2011年4月には再び活動を再開。同社では、同ボットネットから1日あたり約20億通のスパム送信を行っていることを確認しており、全体に占める割合が1.5%まで上昇しているという。

再びボットネットが成長している背景には、度重なる亜種の発生があり、12月にはこれまでと異なるあらたなトラフィックを同社では確認している。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
「vBulletin」に修正パッチ - 国内でも攻撃を多数観測、早急に対応を
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
RDPに総当たり攻撃するボット「GoldBrute」 - 試行ごとに異なるIPアドレス
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント