Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行き届かない企業サイトの管理や監視 - 踏み台被害に気がつかない可能性も

企業が自社で運営するすべてのサイトに対し、管理や監視を実施している企業は、およそ半数にすぎないことが判明した。委託サイトでは、さらに低い割合となっている。

NRIセキュアテクノロジーズが、毎年実施している「企業における情報セキュリティ実態調査」により判明したもの。同社では、8月から9月にかけて上場企業を中心とする3000社にアンケートを実施し、回答があった599社の結果を取りまとめた。

ウェブサイトの管理状況を見ると、自社で運営する全ウェブサイトについて、管理や監視を行っている企業は約50%。外部へ委託しているサイトについては約35%まで低下し、管理や監視が行き届いていない状況が明らかになったという。

同社はこうした現状について、不正アクセスやマルウェア配布の踏み台に悪用された場合など、被害に気が付かないおそれがあると問題を指摘している。

(Security NEXT - 2011/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T