Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホに最適化された詐欺サイトが登場 - フィッシングやワンクリック詐欺の標的に

同社では、10月にスマートフォン用に最適化されたフィッシング詐欺サイトやワンクリック詐欺サイトを確認している。サイトを閲覧している端末がPCかスマートフォンか識別し、端末に合ったコンテンツを表示する仕様になっていた。

いずれも手口はPCと同じで、個人情報やカード番号を入力させて詐取したり、アダルトサイトなどで登録が完了したと思わせるメッセージを表示して利用金額の支払いを迫る。

同社は、従来PCを対象としていた脅威が、すでにスマートフォンのユーザーを対象にしていると指摘。セキュリティ対策ソフトの活用など対策をユーザーに呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限