Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Monkif」減少するも「SpyEye」が増加 - ラック2011年上半期まとめ

ラックは、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」で観測した2011年上半期のインシデント状況について取りまとめた。

同社によれば、クライアントPCに対する脅威は、2010年11月に1カ月間で800件以上と通常の倍以上となる値を観測してピークを迎えたが、「Monkif」の感染活動減少などを背景に、2011年1月には約300件まで減少、6月には100件強まで縮小した。

内部ネットワークからの通信によるインシデントが、大半を占めている状況で、内部ネットワークにおける検知件数を見ると「Conficker」と「Monkif」がそれぞれ22%と同率で最多だった。

以降は、「ET Trojan」が12%、「Mariposa」が11%で続いている。「Gumblar X」はボットネットの活動停止により従来ほど活動は活発ではないが、1%と少ないながら一部亜種の活動が検知されている。

(Security NEXT - 2011/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク