Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マリオカート遊べる」と騙す投稿がFacebook上で拡散

英Sophosによれば、任天堂の人気ゲーム「マリオカート」をFacebook上で遊べるなどとして詐欺サイトへ誘導する書き込みが、同サービス上で拡大しているとして注意を呼びかけた。

Facebook上で友人と同ゲームのマルチ対戦ゲームが楽しめるなどと騙してウェブサイトへ誘導する手口。誘導先サイトのゲーム参加ボタンは、アンケートページへ誘導する入り口となっている。

さらに実在しない「iPhone 5が当たる」などといった詐欺ページに誘導するほか、ブラウザの拡張機能をインストールさせる行為も報告されているという。

同社は、被害を拡大させないよう、書き込みを見かけた場合は、ニュースフィードから投稿を削除し、シェアしているメッセージについても削除するなど対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ