Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、標的型攻撃に注意喚起 - 多くは既知の脆弱性を利用

JPCERTコーディネーションセンターは、特定組織や企業グループを狙う「標的型攻撃」について注意喚起を行った。

「標的型攻撃」によるマルウェア感染が顕在化しており、攻撃を受けた場合、組織内の機密情報が漏洩したり、感染PC経由でネットワーク内にマルウェアが拡大するおそれがあるとして、注意を呼びかけたもの。

同センターは、攻撃に利用されるメールの添付ファイルとして、脆弱性を悪用するドキュメントファイルと実行ファイルを確認。

悪用されている脆弱性の多くは既知の脆弱性で、セキュリティ更新プログラムを適用することにより感染を防げるものだという。また実行ファイルについては、アイコンや拡張子の偽装が行われていた。

こうした攻撃を検知するには「内部や外部に対する不審な通信ログの確認」「不意なサーバ再起動」「定期的なウイルススキャンの実施」が有効であると説明。OSやソフトウェアにおける最新版へのアップデート、不審なメールの添付ファイルを開かないといった対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了