Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーギア、「Office365」に対応した情報漏洩対策ソフトを発売

ハイパーギアは、クラウド上で共有している情報の漏洩を防ぐソフト「HGSEALED for Cloud」を発売した。

同製品は、クラウドサービスのウェブページ内で共有しているテキストや画像などのコンテンツの外部流出を防ぐソフトウェア。

サーバの導入やコンテンツの変更は不要で、右クリックメニューや印刷、コピー、ソースの表示などが禁止できるほか、画面キャプチャの防止やキャッシュ削除といった機能を提供する。

現在はマイクロソフトのクラウドサービス「Office365」へ対応しており、今後他社のクラウドサービスとの連携を進め、順次提供する予定。

「HGSEALED for Cloud Office365連携」の価格は、最小50ユーザーで1ユーザーあたり月額262円。初期費用20万7900円が別途必要。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS