Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーギア、「Office365」に対応した情報漏洩対策ソフトを発売

ハイパーギアは、クラウド上で共有している情報の漏洩を防ぐソフト「HGSEALED for Cloud」を発売した。

同製品は、クラウドサービスのウェブページ内で共有しているテキストや画像などのコンテンツの外部流出を防ぐソフトウェア。

サーバの導入やコンテンツの変更は不要で、右クリックメニューや印刷、コピー、ソースの表示などが禁止できるほか、画面キャプチャの防止やキャッシュ削除といった機能を提供する。

現在はマイクロソフトのクラウドサービス「Office365」へ対応しており、今後他社のクラウドサービスとの連携を進め、順次提供する予定。

「HGSEALED for Cloud Office365連携」の価格は、最小50ユーザーで1ユーザーあたり月額262円。初期費用20万7900円が別途必要。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン