Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

衆院議員のパソコンにウイルスが感染 - サーバへ感染のおそれも

衆議院のサーバや一部衆議院議員が公務で利用するパソコンにウイルスが感染し、情報漏洩など発生した可能性があることがわかった。

8月下旬に一部議員のパソコンにウイルスが感染し、衆議院のサーバについても感染の疑いがあることが判明したもの。すでに端末などはネットワークから遮断されている。

IDやパスワードの流出を指摘する報道もあり、衆議院事務局では対策本部を設置して、報道の内容も含めて事実確認を進めている。警察による捜査のほか、政府も事実関係について確認を進めている。

問題のサーバには、一般へ公開されている情報にくわえ、議員や関係者などの個人情報をはじめとする機密情報も含まれていた。

(Security NEXT - 2011/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
新型コロナ陽性者に別人の支援システムIDを送信 - 大阪府
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県