Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトに関する脆弱性の届出、前四半期の5倍強に - 9割が「XSS」

情報処理推進機構(IPA)は、2011年第3四半期の脆弱性に関する届け出状況を取りまとめた。ウェブアプリケーションに関する届出が急増している。

同機構によれば、同四半期の届け出は、ソフトウェア関連が36件、ウェブアプリケーション関連が198件。ソフトウェアの届け出は、前四半期から減少したが、ウェブアプリ関連は5倍以上に増加した。

届出件数の累計は6891件となり、全体の82%をウェブアプリに関するものが占めている。1日あたりの届出件数は3.91件で、緩やかな減少傾向が続いている。

同四半期に脆弱性の届出があったソフトウェア製品の種類を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」がもっとも多く全体の17%を占めた。

次いで「ウェブブラウザ」「OS」「グループウェア」「ルータ」と続く。脅威の内訳では「任意のスクリプトの実行」「情報の漏洩」「サービス不能」がそれぞれ20%だった。

(Security NEXT - 2011/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に