Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pythonファイルに感染するエクスプロイトコードを確認 - シマンテック

シマンテックは、あらたな手法で「pycファイル」に任意のコードを挿入するエクスプロイトコードを確認した。

同社によれば、問題のコードは、Pythonのコンパイル済みファイルに感染する「Python.Pytroj」。逆アセンブルした状態に不正なソースを挿入し、再びアセンブルするもので、単純にコードを追加する攻撃ではないという。

今回同社が検出したコードの危険性は低いものの、従来にない感染手法であり、今後悪用されることも懸念されることから注意が必要だと指摘している。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処