Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルセキュリティ市場、Androidの普及が市場成長を後押し - IDC調査

IDC Japanは、国内モバイルセキュリティ市場における2010年の動向や2015年までの市場予測を発表した。

「モバイルアイデンティティ」「アクセス管理」「モバイルセキュアコンテンツ、脅威管理」「モバイルセキュリティ、脆弱性管理市場」「その他モバイルセキュリティ」から構成されるモバイルセキュリティ市場について取りまとめたもの。

同社によれば、2010年の国内モバイルセキュリティ市場規模は23億円、2010年から2015年までの年間平均成長率は32.2%を見込んでおり、2015年の市場規模は93億円と予測している。

なかでもモバイル機器のウイルス、スパム対策や不正侵入防御、情報保護を提供するモバイルセキュアコンテンツ/脅威管理の市場規模は、2010年の14億円から2015年には58億円になると予測。年間平均成長率は33.1%と高成長になる見込み。

同社は、Androidの急速な普及から攻撃の対象となり、マルウェアも急増していることから、今後はマルウェア対策や紛失時の情報漏洩対策へのニーズが高まると分析している。

また、PKIやSSL証明書などの認証技術を提供する「モバイルアイデンティティ」と「アクセス管理」の分野では、スマートフォンやタブレットのビジネスでの利用拡大に伴い、認証関連の製品需要が高まると分析。市場規模は2010年の3億円から、2015年には15億円になり、36.5%の高い成長率となると予測している。

(Security NEXT - 2011/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導