Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台

フィッシング対策協議会は、2022年12月に報告を受けたフィッシング攻撃の状況について取りまとめた。報告数全体の半数超が「Amazon」をかたるフィッシングだったという。

同協議会によれば、12月に報告を受けたフィッシング攻撃は6万5474件。前月の7万204件から4730件減少した。3カ月連続で減少しており、ピークを迎えた2022年7月の10万7948件に対して約6割程度の件数となっている。1日平均に換算すると約2112.1件で前月から約228件減。

フィッシングサイトに用いられたURLは、重複を除くと1万3810件で前月の2万4114件から大幅に減少。2022年6月以降は2〜5万件のレンジで推移してきたが、2022年5月から7カ月ぶりの1万件台となった。1日あたり約445.5件となり、前月の約803.8件を大きく下回っている。

報告数やURLが減少した背景には、ドメインとサブドメインを組みあわせたURLを用いた手法の減少があるという。一方、約41.1%は、短縮URLやダイナミックDNSサービス経由で誘導する手口を悪用。またモバイルネットワーク以外からは閲覧できないようにしたスマートフォンの利用者を狙ったフィッシングサイトも確認されている。

フィッシングサイトに悪用されたトップレベルドメインとしては、「.ly」が約25.0%で最多、次いで「.top(約22.4%)」が多い。さらに「.org(約16.1%)」「.com(約13.1%)」「.shop(約6.1%)」「.cn(約6.0%)」「.icu(約3.2%)」が続く。

20230110_ap_001.jpg
フィ対協が報告を受けたフィッシング攻撃の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2023/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本