Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認書類2882人分を保存期間を誤り廃棄 - みずほ銀

みずほ銀行は、同行春日部支店で本人確認書類の一部について保存期間を誤り、廃棄していたことを明らかにした。

誤廃棄が判明したのは、顧客の本人確認を行う際に利用する「本人確認記録書」と、同書類に添付する免許証や保険証のコピーといった「本人確認資料」の一部。

犯罪収益移転防止法により、取引終了後7年間保存することが定められているが、旧春日部駅前支店で2003年に一定の取引を行った顧客2882人分の書類を誤って廃棄したという。

同行では、専門業者により廃棄しており、記録も残っていることから外部へ流出した懸念はないと説明している。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力