Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果を書き換えて不正サイトに誘導する「Bamital」にMSRTが対応

日本マイクロソフトは、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新し、トロイの木馬「Bamital」に対応した。

「Bamital」は、ブラウザ上に表示される検索エンジンの検索結果を書き換え、不正サイトへ誘導するマルウェア。感染するとマルウェア配布サイトやフィッシングサイトに誘導されるおそれがある。

感染経路としては、他マルウェアによりインストールされるケースが多く、「Internet Explorer」「Firefox」「Chrome」「Opera」「Safari」など幅広いブラウザに影響がある。

日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチームでセキュリティスペシャリストを務める松田英也氏によれば、同マルウェアは欧米やカナダなどで活動が活発で国内では目立った動きは今のところ観測されていないという。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
「情報セキュリティマネジメント試験」が通年試験に - 試験時間も短縮
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
新型コロナ検査キットに脆弱性 - 検査結果が改ざん可能に
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市