Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立とKDDI、未知のマルウェアを検知して駆除する技術を開発 - 実証実験を開始

日立製作所とKDDIは、マルウェアを発見し、駆除できる「マルウェア対策ユーザサポートシステム」を開発したと発表した。

同システムは、未知、既知に関わらずマルウェアを発見し、駆除できるシステム。NICTからの委託研究で、日立が技術開発の中心となり、KDDIがシステム構築や実証実験などをおもに担当している。

クライアントPCにエージェントをインストールし、マルウェアと疑われるプログラムを検出。NICTの「nicterミクロ解析システム」と協調動作して、挙動や外部との通信を解析することができる。

解析対象のプログラムをマルウェアと診断した場合は、さらに解析結果を利用することで駆除用のプログラムを自動的に生成。ユーザーのPCに配布することが可能。

両社はシステムの有効性を検証するため、大学や専門学校など教育機関の協力を得て、実証実験を9月15日より12月末まで展開。動作の安定性や、侵入時に検知、駆除が行われるか検証する。

(Security NEXT - 2011/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト