Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証局DigiNotarを狙った「Operation Black Tulip」、原因はサーバ管理不備 - Comodo攻撃の形跡も

オランダの政府セキュリティ機関は、DigiNotarにおいて不正なSSL証明書が発行された問題で、調査結果の中間報告を公表した。

DigiNotarのシステムについて調査を行っているセキュリティベンダーFox-ITが、今回の攻撃を「Operation Black Tulip」と命名し、中間報告を取りまとめたもの。

レポートによれば、攻撃者はDigiNotarにおけるすべての認証局サーバにおける管理者特権を取得。一部稚拙なスクリプトが見られたものの、今回の攻撃を目的とした高度なプログラムが発見された。また3月に不正証明書の発行が判明した認証局「Comodo」に対する攻撃との明確な関係を示す形跡が残存していたという。

攻撃者による最初のDigiNotarへのアクセスは6月6日。約1カ月後の7月10日に不正な「*.google.com」の証明書がはじめて発行されている。

OCSPレスポンダへのリクエストは7月後半からはじまり、8月4日より急増。証明書が失効した同月29日までに、30万件のユニークIPからリクエストがあり、そのうち99%がイランからだった。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セブンイレブンのマルチコピー機で一時障害 - 行政サービスに影響
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
OpenSSLにサービス拒否の脆弱性 - 単独での修正リリースは用意せず
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性の評価は下方修正
「Trend Micro Apex One」に緊急性高い脆弱性 - アップデートを
【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース