Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証局DigiNotarを狙った「Operation Black Tulip」、原因はサーバ管理不備 - Comodo攻撃の形跡も

オランダの政府セキュリティ機関は、DigiNotarにおいて不正なSSL証明書が発行された問題で、調査結果の中間報告を公表した。

DigiNotarのシステムについて調査を行っているセキュリティベンダーFox-ITが、今回の攻撃を「Operation Black Tulip」と命名し、中間報告を取りまとめたもの。

レポートによれば、攻撃者はDigiNotarにおけるすべての認証局サーバにおける管理者特権を取得。一部稚拙なスクリプトが見られたものの、今回の攻撃を目的とした高度なプログラムが発見された。また3月に不正証明書の発行が判明した認証局「Comodo」に対する攻撃との明確な関係を示す形跡が残存していたという。

攻撃者による最初のDigiNotarへのアクセスは6月6日。約1カ月後の7月10日に不正な「*.google.com」の証明書がはじめて発行されている。

OCSPレスポンダへのリクエストは7月後半からはじまり、8月4日より急増。証明書が失効した同月29日までに、30万件のユニークIPからリクエストがあり、そのうち99%がイランからだった。

(Security NEXT - 2011/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」に脆弱性
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都