Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金受給者の個人情報3100件を紛失 - JA岡山

岡山市農業協同組合は、年金受給者3148人の個人情報が記載された明細表が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、年金の振り込みに関連する明細表。管内の5支所で扱った年金受給者3148人の氏名、口座番号、基礎年金番号、年金コード、金額などが記載されていた。

7月5日から8月10日にかけて実施された農林中央金庫による事務検査において判明した。紛失した情報の不正利用の報告などは確認されておらず、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2011/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保