Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、「Javaセキュアコーディング 並行処理編」を公開

JPCERTコーディネーションセンターは、Javaの並行処理プログラミングにおけるガイドラインをまとめた「Javaセキュアコーディング 並行処理編」を公開した。

同資料は、米CERT Coordination CenterとOracleが制作した「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」のJava並行処理に関するガイドライン「Java Concurrency Guidelines」を経済産業省の委託事業としてJPCERT/CCが独自に翻訳したもの。

同センターでは、「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」におけるすべてのガイドラインについても、今後日本語翻訳版を公開する予定。

(Security NEXT - 2011/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
開発言語「Go」に複数脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
プログラミング教室申込者の個人情報が流出 - 大東市
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
アカウント流出の可能性がある対象者の件数を訂正 - 弥生
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始