Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」のAPI関数に脆弱性 - 今後のアップデートで修正予定

「OpenSSL」の開発チームは現地時間6月27日、一部APIで使用する関数に脆弱性が明らかになったとしてセキュリティアドバイザリを公開した。

一部関数に「バッファーオーバーリード」の脆弱性「CVE-2024-5535」が見つかったことを明らかにしたもの。

特定環境下で同関数を呼び出すと、利用するアプリケーションでサービス拒否が発生したり、メモリの内容が送信され、情報漏洩が生じるおそれがあるという。

攻撃者の制御環境下にないと悪用は困難だが、APIを呼び出すアプリケーションの設定ミスや、プログラミングのエラーによって偶発的に生じる可能性がある。

「OpenSSL 3.3」「同3.2」「同3.1」「同3.0」「同1.1.1」「同1.0.2」に影響があり、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とした。

リポジトリ内で修正を行ったが、セキュリティアドバイザリのリリース時点でアップデートは用意していない。今後リリースする「同3.3.2」「同3.2.3」「同3.1.7」「同3.0.15」「同1.1.1za」「同1.0.2zk」にて修正を反映する予定。

(Security NEXT - 2024/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも