Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ事象被害状況調査」を実施

情報処理推進機構(IPA)は、国内企業を対象に「2010年度情報セキュリティ事象被害状況調査」を実施しており、アンケートの回収を進めている。

同調査は、情報セキュリティに関連した被害状況を調べるためアンケートを実施しているもので、調査票を受け取った場合は、協力してほしいと呼びかけている。

回答の締め切りは9月16日で、郵送やメールにて受け付けている。電子版の調査票はウェブサイトよりダウンロードすることが可能。

(Security NEXT - 2011/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破