Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラネクシー、ネットワーク経由のファイル送信制御に対応「DeviceLock 7.1」

ラネクシーは、米DeviceLock製のデバイス制御ソフトウェアの最新版「DeviceLock 7.1」を9月16日に発売する。

同製品は、PC端末における外部メディアやインタフェース、無線接続など周辺機器の利用を制御できるソフトウェア。ログの取得に対応している。

最新版は、HTTPやHTTPS、FTP、FTPSなどネットワーク経由のファイル転送を制御できるオプションコンポーネント「NetworkLock」を追加。データ流出の監視やログ追跡が行える。

新コンポーネント「ContentLock」によりコンテンツ認識ルールを詳細に設定することが可能。ファイルタイプにくわえ、数値条件や適合基準、キーワードによる正規表現を使ったルールの作成に対応した。

またイメージの検知機能を強化したほか、アーカイブファイル内のファイルについて個別に分析することが可能となっている。

(Security NEXT - 2011/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド