Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

のべ約86万件の個人情報含むMOディスクを紛失 - 阿波銀行

阿波銀行は、小切手や手形画像が保存されたMOディスクやマイクロフィルムを紛失したと発表した。不正利用などは確認されていないという。

所在不明となっているMOディスクは、2008年2月から2009年3月までの手形や小切手の画像48万5807件を同行徳島集中センターで保存していたもの。

氏名や住所、金額など、のべ85万9000件の個人情報が記載されており、重複を除いた個人情報数は2万3500件にのぼるという。

同行では、紛失したMOは入退室が管理されている保管室にて保存されていたことから、誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

また同行では、2000年度のマイクロフィルムについても紛失が判明したが、保存期限が経過しており、含まれている情報の件数はわかっていない。MOと同様に誤廃棄した可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2011/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県