Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポリモーフィック型マルウェアが急増 - 半年間で2倍以上に

シマンテックによれば、自身を次々と変化させていくポリモーフィック型マルウェアが急増しているという。メールに添付された状態で流通しており、注意が必要だ。

同社がまとめたレポートによれば、7月の検知状況を見ると、メール感染型マルウェアが280.9通に1通の割合で検知された。そのうち23.7%は感染するたびに自身をランダムな暗号化コードで書き換えるポリモーフィック型マルウェアで、6カ月間で2倍以上に急増している。

同マルウェアは、企業へ送付されるOffice文書やPDF文書を装ってメールに添付されるケースが多いという。コード構造をわずかに変化させて、セキュリティ対策ソフトの検知を困難にする場合もあることから注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査