Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん」報道減少するも引き続き注意を - セキュアブレインレポート

セキュアブレインは、6月に同社が検知した不正サイトの状況について取りまとめた。「危険」と判定された件数は全体的に減少している。

同社レポートによれば、6月に「危険」と判定されたサイトの件数は3950件。5月の4708件から目立って縮小した。利用回数に対する検出割合を見ても、11.1%から10.4%へと減少している。

110727sb_01.jpg
脅威別検知動向の推移(グラフ:セキュアブレイン)

脅威別に見ると「不正プログラム配布サイト」が微増したものの、それ以外はすべて減少している。ただしワンクリック不正請求サイトは1875件、不正攻撃サイトは467件と、前回より減少したとはいえ、比較的高い水準で推移した。

不正改ざんサイトは270件で、ドライブバイダウンロード攻撃の割合は61.5%と上昇を続けている。被害サイトの内訳は、企業サイトが71.6%、個人サイトが27.2%だった。一時は個人サイトが企業サイトを上回ったこともあったが、逆転して大差がついている。

(Security NEXT - 2011/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に