Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「改ざん」報道減少するも引き続き注意を - セキュアブレインレポート

2011年上半期の不正改ざんサイトの状況を見ると、危険と判断された2万6559件のうち、9.4%にあたる2502件が不正改ざんサイトだった。前年同時期の23.9%を下回るものの、一定の割合で検知されている。

同社はこうした状況について、大規模な事件の発生によりメディアの関心が不正アクセスに向き、改ざんを報じるケースが大幅に減っているが、依然として改ざんが発生していると指摘。

また「改ざん」として報じられていなくても、「不正アクセス」や「情報漏洩」「フィッシング」の原因となっているケースもあるとして、今後も十分な対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限