Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーフネット、認証トークンの乗換キャンペーンを実施

日本セーフネットは、パートナー5社と協力し、認証トークン製品の乗り換えキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、他社製の認証トークン導入企業を対象に同社製品を40%引きの割引価格で提供するもの。同社ワンタイムパスワード認証トークンと電子証明書を使用したUSB認証トークンへの乗り換えを推進する。

割引例としては、300ユーザー分の認証トークン「eToken PASS」と認証トークンを一括管理する「SafeNet Authentication Manager」を導入する場合、通常235万7450円のところ、141万4470円で提供する。

キャンペーンの参加パートナーは、星和テクノロジー、ディアイティ、T4U、ピーエスアイ、丸紅情報システムズの5社。

(Security NEXT - 2011/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0