Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、クラウドにおける知的財産侵害の形態を説明

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、動画コンテンツ「クラウコンピューティングの基礎と課題」を公開した。

同コンテンツは、クラウドの利用における基礎知識や知的財産権侵害に関する啓発を目的としたコンテンツ。

クラウドの特徴を解説しているほか、クラウド利用により生じる可能性がある知的財産の侵害形態について説明している。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる