Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュリティ&プログラミングキャンプ2011」を開催 - 2011年は大阪

情報処理推進機構(IPA)は、若年層を対象とした合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ2011」を8月に開催する。

同イベントは、22歳以下の学生などを対象とした人材育成イベント。「セキュリティキャンプ」として2004年から開催されており、今年で8回目を迎えた。

会場を大阪市内のホテルコスモスクエア国際交流センターで、8月10日から14日まで4泊5日の合宿形式による実習中心の講習を展開する。

「セキュリティ」「プログラミングコース」の2コース6クラスを用意。技術はもちろん、モラル、セキュリティ意識、自立的な学習意識、職業意識などの向上を目指している。

募集人数は、両コースあわせて60名。参加費用は無料。応募は、メールおよびファックスにて受け付ける。応募期限は、7月11日17時必着。

(Security NEXT - 2011/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター