Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュリティ&プログラミングキャンプ2011」を開催 - 2011年は大阪

情報処理推進機構(IPA)は、若年層を対象とした合宿イベント「セキュリティ&プログラミングキャンプ2011」を8月に開催する。

同イベントは、22歳以下の学生などを対象とした人材育成イベント。「セキュリティキャンプ」として2004年から開催されており、今年で8回目を迎えた。

会場を大阪市内のホテルコスモスクエア国際交流センターで、8月10日から14日まで4泊5日の合宿形式による実習中心の講習を展開する。

「セキュリティ」「プログラミングコース」の2コース6クラスを用意。技術はもちろん、モラル、セキュリティ意識、自立的な学習意識、職業意識などの向上を目指している。

募集人数は、両コースあわせて60名。参加費用は無料。応募は、メールおよびファックスにて受け付ける。応募期限は、7月11日17時必着。

(Security NEXT - 2011/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
若年層の発想力や研究開発力を育成する「SecHack365」が受講生募集を開始
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」