Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、疑似的な標的型攻撃による教育サービスを開始

ラックは、疑似攻撃により標的型攻撃について従業員が体験学習できるサービス「ITセキュリティ予防接種」の提供を開始した。

ITセキュリティ予防接種
サービスの流れ(図:ラック)

同サービスは、従業員における「標的型攻撃」への理解を向上させ、企業内における不正プログラムの感染リスクを下げることを目的とした教育サービス。

従業員へ疑似的にメールによる攻撃を2回にわたり実施し、従業員は体験を通じて知識や判断能力などを習得することが可能。終了後に従業員へアンケートを実施し、訓練結果などとあわせて報告書を提供する。

料金は、対象となる従業員が100人までの場合は100万円、500人までは250万円。

(Security NEXT - 2011/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス