Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざんサイトが増加、個人サイトが5割超える - セキュアブレインまとめ

同社では、無料のアダルト画像サイトなどに掲載されているクリック課金型広告などを悪用している手口を確認しており、今後フィッシング詐欺サイトや不正プログラム配布サイトへの誘導にも悪用される可能性があるとして、同社では注意を呼びかけている。

また4月には、不正改ざんサイトが前月の381件から584件へ増加した。そのうちドライブバイダウンロード攻撃の占める割合は46.1%で、前月の35.1%から上昇している。

さらに最近の傾向として、個人運営サイトの被害拡大が目立っており、2011年1月の時点では23.3%だったが、徐々に増加し4月は56.8%と5割を超えた。同社では、企業の改ざん対策が進んでいることから、攻撃対象が個人サイトへ移行したと分析している。

(Security NEXT - 2011/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減