Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国の「終末騒ぎ」を煽るAndroid向けトロイの木馬 - 正規アプリの海賊版として出回る

シマンテックが、トロイの木馬が仕込まれた海賊版のAndroidアプリを確認した。同社では、セキュリティ対策製品において「Android.Smspacem」として検知し、駆除するよう対応した。

同トロイの木馬は、正規アプリ「Holy Fxxking Bible」の海賊版。誤ってインストールすると、再起動後から33分おきに外部へ端末の電話番号と通信事業者コードを送信する。

またリモートサーバからコマンドを取得しようと試みるほか、SMS経由やインターネット経由で命令を受信する機能も備えていた。

さらに米国では「5月21日に世界が終わる」という騒ぎが発生しており、同アプリは、5月21日と翌22日に、端末の連絡先へ騒ぎを煽るSMSメッセージを送信するようプログラムされていた。

(Security NEXT - 2011/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる