Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソネットでなりすまし被害が発生 - 情報漏洩は否定

ソネットエンタテインメントは、So-net会員向けに提供しているポイントサービス「ソネットポイント」へ不正アクセスがあり、ポイントの不正利用が発生したと発表した。

今回判明したのは、IDやパスワードを利用した外部からの「なりすまし」攻撃。5月16日から17日にかけて攻撃があり、翌18日の夕方に被害へ気がついたという。5月19日の時点で、特定のIPアドレスからの攻撃試行回数は、約1万回に上っている。

今回の攻撃により同サービスにおいて、73件のIDにおいて不正閲覧が発生。さらに128件のIDで不正な商品交換が行われ、被害額は約10万円に及んでいる。また90件のIDで不正にウェブメールが閲覧された。

同社では、IDやパスワードが不正利用されたことについて、同社経由の情報漏洩を否定。またIDやパスワードの不正利用によって、氏名や住所、電話番号、生年月日が外部から閲覧された形跡についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2011/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
複数小売電気事業者、既契約情報を他社チャットボットで取得
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化