Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PSNに対する不正アクセスは既知の脆弱性に対する攻撃 - ソニー

「ウェブサーバ」「アプリケーションサーバ」「データベースサーバ」の3層で成り立っており、ウェブサーバ経由でアプリケーションサーバに存在する脆弱性が攻撃を受けた。

さらにアプリケーションサーバに対する攻撃により、不正ツールがサーバ内に設置され、アクセス権限が奪取されて個人情報を含むデータベースサーバにアクセスされた。

攻撃を受けた脆弱性は既知のものだったが、SNEIでは認識していなかったという。具体的な脆弱性の内容は、セキュリティ上の問題を理由に明らかにされていない。

同サービスに登録されている会員情報は、「氏名」や「住所」「メールアドレス」「誕生日」「ログインID」「パスワード」など重複を含む約7700万件。現状時点で漏洩の有無を特定できないとしており、今後分析を進めていくとしている。

保有していたクレジットカード情報は約1000万件で、これら情報についても流出したおそれがあるが、セキュリティコードの漏洩については否定した。具体的な被害については確認していないという。

(Security NEXT - 2011/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性