Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PSNに対する不正アクセスは既知の脆弱性に対する攻撃 - ソニー

ソニーグループが提供するオンラインゲームサービス「PlayStation Network」やコンテンツ配信サービス「Qriocity」が不正アクセスを受けた問題で、ソニーは5月1日に記者会見を開催した。

問題の不正アクセスは、4月17日から19日にかけて発生し、会員情報が外部へ漏洩した可能性があることが判明したもの。

同社は、4月26日に不正アクセスについて発表したが、5月1日にあらためて記者会見を開催して謝罪し、不正アクセスの原因や今後の対応について説明した。

同社によれば、今回不正アクセスを受けたのは、グループ会社であるSony Network Entertainment International(SNEI)が米カリフォルニア州のサンディエゴにあるデータセンターで運営しているサーバ。

(Security NEXT - 2011/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害