Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CAC、マルチプラットフォーム対応のSaaS型スマートフォン管理サービス

シーエーシーは、スマートフォンやタブレット端末のSaaS型管理サービス「C-nu@ge MDM」を提供開始した。

同サービスは、米MobileIronが開発したデバイス管理ツール「Mobile IronMDM」をベースにソフトバンクBBの協力により提供するもので、スマートフォンによるリモート接続やセキュリティ対策など集中管理を実現する。

「iPhone」「iPad」に対応しており、「Android」「BlackBerry」「WindowsPhone 7」など複数のプラットフォームに対応する予定。

パスワード認証や遠隔消去、カメラ利用の制限など端末を管理できるほか、ワンタイムパスワードやVPN接続が行える。またデバイスの設定状況や構成状態を一元管理し、レポートとして参照することが可能。

SaaS型サービスのため、サーバの設置などは不要。月額利用料は500円/台から。別途初期費用が必要。オプションとして、「Microsoft Exchange Server」との接続を実現する「シンプルExchangeパック(600円/台)」も用意している。

(Security NEXT - 2011/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド