Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Firefoxのアップデートが公開、不正な電子証明書へ対応

Mozillaは、ブラウザのアップデート「Firefox 3.6.16」「同3.5.18」を提供開始した。

今回のアップデートは、ルート証明書を提供している大手認証局のComodoにおいて、不正な電子証明書を発行していることが判明したことから、問題の証明書についてブラックリストへ登録したもの。あらたに公開された「Firefox 4」は公開当初よりすでに対応しているという。

またMozillaでは、3月22日より「Firefox 4」を公開しており、今後6カ月でFirefox 3.6のサポートを終了する予定であるとして、最新版へのアップデートについても呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町