Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、不正証明書対策のため更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは、大手認証局から不正な電子証明書が発行されたとの報告を受け、攻撃を防止するための更新プログラムを公開した。

Windowsにルート証明書が搭載されているComodoにおいて、不正な電子証明書9件が登録局を通じて発行されていたことが判明したことから対策を講じたもの。不正な証明書は、なりすましや中間者攻撃に悪用される可能性がある。

Comodoでは、問題の証明書を失効させており、ブラウザには証明書の状態をリアルタイムで検証できるプロトコルOCSPが実装されている。

日本マイクロソフトでは、同プロトコルを利用した検証時に失敗する可能性があるとして、更新プログラムを用意した。問題の証明書を信頼されていない証明書へ登録することで対応している。

同プログラムは、自動更新を有効にしている場合、自動的にダウンロードされ、インストールされる。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町