Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、不正証明書対策のため更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは、大手認証局から不正な電子証明書が発行されたとの報告を受け、攻撃を防止するための更新プログラムを公開した。

Windowsにルート証明書が搭載されているComodoにおいて、不正な電子証明書9件が登録局を通じて発行されていたことが判明したことから対策を講じたもの。不正な証明書は、なりすましや中間者攻撃に悪用される可能性がある。

Comodoでは、問題の証明書を失効させており、ブラウザには証明書の状態をリアルタイムで検証できるプロトコルOCSPが実装されている。

日本マイクロソフトでは、同プロトコルを利用した検証時に失敗する可能性があるとして、更新プログラムを用意した。問題の証明書を信頼されていない証明書へ登録することで対応している。

同プログラムは、自動更新を有効にしている場合、自動的にダウンロードされ、インストールされる。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート