Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、不正証明書対策のため更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは、大手認証局から不正な電子証明書が発行されたとの報告を受け、攻撃を防止するための更新プログラムを公開した。

Windowsにルート証明書が搭載されているComodoにおいて、不正な電子証明書9件が登録局を通じて発行されていたことが判明したことから対策を講じたもの。不正な証明書は、なりすましや中間者攻撃に悪用される可能性がある。

Comodoでは、問題の証明書を失効させており、ブラウザには証明書の状態をリアルタイムで検証できるプロトコルOCSPが実装されている。

日本マイクロソフトでは、同プロトコルを利用した検証時に失敗する可能性があるとして、更新プログラムを用意した。問題の証明書を信頼されていない証明書へ登録することで対応している。

同プログラムは、自動更新を有効にしている場合、自動的にダウンロードされ、インストールされる。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都
MS、3月の月例更新で「Exchange Server」に生じた不具合に対応
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
「FortiOS」に複数の深刻な脆弱性 - すでに一部は悪用か
Juniper製SIEM「Juniper Secure Analytics」に複数の脆弱性