Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、関東近県で計画停電を実施 - 震災の影響で深刻な電力不足

東京電力は、電力供給が需要を下回り、大規模な停電が発生することを避けるため、特定地域を交代で停電するいわゆる「計画停電」を、3月14日以降実施する。

同社では、1都8県を地域ごとに5グループへわけ、第1グループについては「6時20分から10時」、第2グループは「9時20分から13時」、第3グループは「12時20分から16時」、第4グループは「13時50分から17時30分」、第5グループが15時20分から19時」に3時間程度の停電を実施する。

また第1グループについては「16時50分から20時30分」、第2グループは「18時20分から22時」まで2回目の停電を予定。ただし、需給状態によっては2回目の停電は行わない可能性もある。

グループの詳細は、ウェブサイト上から確認することが可能。同社では、状況によって予告した時間以外や、異なるグループで停電が発生する可能性もあるとしている。同社では4月末まで計画停電を続ける方針だという。

(Security NEXT - 2011/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
支援給付金事業で書類紛失、紛失告げずに再提出受ける - いわき市
「給付金に関するお知らせ」などと内閣府かたる詐欺メール
送配電子会社から顧客情報が閲覧可能、点検で判明 - 九電
1世帯あたり5万円? 給付金の手続き案内に見せかけたフィッシング攻撃
「処理水放出」に便乗するフィッシング - 「1000万円を支払う」と偽サイトへ誘導
処理水放出口実にサイバー攻撃か - 脆弱性攻撃を扇動する動きも
NTT東西、特定国番号の着信拒否できず - 海外迷惑電話で相談窓口