Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、関東近県で計画停電を実施 - 震災の影響で深刻な電力不足

東京電力は、電力供給が需要を下回り、大規模な停電が発生することを避けるため、特定地域を交代で停電するいわゆる「計画停電」を、3月14日以降実施する。

同社では、1都8県を地域ごとに5グループへわけ、第1グループについては「6時20分から10時」、第2グループは「9時20分から13時」、第3グループは「12時20分から16時」、第4グループは「13時50分から17時30分」、第5グループが15時20分から19時」に3時間程度の停電を実施する。

また第1グループについては「16時50分から20時30分」、第2グループは「18時20分から22時」まで2回目の停電を予定。ただし、需給状態によっては2回目の停電は行わない可能性もある。

グループの詳細は、ウェブサイト上から確認することが可能。同社では、状況によって予告した時間以外や、異なるグループで停電が発生する可能性もあるとしている。同社では4月末まで計画停電を続ける方針だという。

(Security NEXT - 2011/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
職員が別人のIDカードで原発建屋内に - 東電柏崎刈羽原発
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社