Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む約8370件の書類を誤廃棄 - 鹿児島銀

鹿児島銀行は、約8370件の顧客情報含む書類を誤廃棄したと発表した。

同行によれば、文書の集中保管へ移行する際の一斉点検で判明したもので、2店舗で入金や払い戻しに用いられた伝票約4750件をはじめ、116店舗において印鑑票1362件、3店舗において喪失届約917件、70店舗において自動振込サービス申込書693件など、16種類の書類を誤って廃棄したという。

これら書類には、あわせて約8370件の顧客情報が含まれていたと見られるが、一部書類は復元できず、正確な件数はわかっていない。記載されている内容は書類によって異なるが、氏名や住所、電話番号、口座番号など含まれる。

同行では、今回の誤廃棄による影響はないとしているが、窓口を設置して、顧客からの問い合わせに対応している。

(Security NEXT - 2011/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
郵便物の配達控約2.1万件が所在不明 - 前橋市の郵便局
行政文書を誤廃棄、シュレッダー近くの文書を対象と勘違い - 国交省
災害時避難行動要支援者の名簿が所在不明に - 古河市
借り受けた国民年金納付者リストを紛失 - 可児市
奨学金受給者の個人情報含む書類が所在不明 - 都教委
5店舗で顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄が判明 - 島田掛川信金