Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外国人登録者の情報を記載した文書綴りが所在不明 - 法務省

法務省は、入国管理局登録管理官が所管する外国人登録者の個人情報が記載された文書綴りが、所在不明となっていると発表した。

所在がわからなくなっているのは、外国人登録申請に関して地方自治体からの照会や登録管理官の回答をまとめた「外国人登録事務取扱回答文書綴り」1冊。2006年に作成されたもので、氏名や性別、国籍、生年月日など21人分の個人情報が含まれる。

同省は、2010年2月に文書の一斉廃棄を行っており、ほかの文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、個人情報の不正利用なども確認されていないという。

(Security NEXT - 2011/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金