Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeがWind Riverと提携、非PCデバイス向けセキュリティ市場に注力

McAfeeとWind Riverは、PC以外のデバイスを対象としたセキュリティソリューションの開発や販売で提携すると発表した。

組み込み機器やモバイルデバイスに向けたセキュリティソリューションを共同で開発するもの。手始めに両社は、「Wind River Linux」とMcAfee製品の連携させ、さらにWind Riverのオペレーティングシステムや組み込み仮想化技術との統合を進める。

またネットワーク対応デバイス向けにセキュリティ製品や管理ソリューションを2011年中に提供するほか、Wind Riverでは、出荷製品へMcAfee製品の搭載などを目指している。

McAfeeでは、ネットワーウ対応デバイスが2020年までに500億台に上ると試算しており、セキュリティの脆弱性が急激に拡大するとの見ており、ソリューションを投入していく。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開