Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeがWind Riverと提携、非PCデバイス向けセキュリティ市場に注力

McAfeeとWind Riverは、PC以外のデバイスを対象としたセキュリティソリューションの開発や販売で提携すると発表した。

組み込み機器やモバイルデバイスに向けたセキュリティソリューションを共同で開発するもの。手始めに両社は、「Wind River Linux」とMcAfee製品の連携させ、さらにWind Riverのオペレーティングシステムや組み込み仮想化技術との統合を進める。

またネットワーク対応デバイス向けにセキュリティ製品や管理ソリューションを2011年中に提供するほか、Wind Riverでは、出荷製品へMcAfee製品の搭載などを目指している。

McAfeeでは、ネットワーウ対応デバイスが2020年までに500億台に上ると試算しており、セキュリティの脆弱性が急激に拡大するとの見ており、ソリューションを投入していく。

(Security NEXT - 2011/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏