Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT製品調達、7割弱がセキュリティを重視 - 3割「予算の制約で対策実行できない」

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティ製品の調達に関する意識調査を実施し、報告書として取りまとめた。

同調査は、企業の調達に関する意識や同機構が運用している「ITセキュリティ評価及び認証制度」に対する認識を調べたもの。アンケートはウェブ上で実施し、有効回答数は545件だった。

調査結果によれば、IT製品を調達する際に重視する項目としてもっとも回答が多かったのが69.5%で「価格」。「セキュリティ」が61.7%で続いた。

「セキュリティ以外の機能(30.5%)」「ベンダーの知名度や市場シェア(22.4%)」を重視するとの声は、「セキュリティ」や「価格」の半分以下だった。また約4分の1のユーザーが有識者の意見を重視すると回答している。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割