Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も

ラックは、スマートフォンアプリ開発者向けにセキュリティに関する意識調査を実施し、結果を取りまとめた。8割が開発や委託時にセキュリティ対策を実施したり、検討する一方で不安を持つ開発者も少なくない。

同調査は2021年9月21日から28日にかけて、スマートフォンアプリ開発者を対象にウェブでアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。

有効回答数441件のうち、「スマホアプリを開発している」と回答した164人にスマホアプリのセキュリティ対策の実施や検討を行うタイミングを聞いたところ、「システム開発を行う際、委託する際」が80.5%でもっとも多い。

「ユーザーから問い合わせがあったとき(37.8%)」「システム開発ベンダーに推奨されたとき(31.7%)」「セキュリティベンダーに推奨されたとき(25.6%)」が続く。

17.2%が、「スマホアプリ開発時のセキュリティ対策に自信がない」と回答。具体的な不安の内容を見ると、50.2%と約半数が「外部からのスマホへの不正アクセスによる業務影響」を挙げている。

ついで「マルウェア感染による業務影響」が46.3%と多く、「デバイスに機密情報を保存すること(38.4%)」「デバイスから機密情報を閲覧すること(34.0%)」など機密情報管理を心配する開発者も少なくない。

(Security NEXT - 2022/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開