Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員自宅PCからネット上へ顧客情報など流出 - 日通

日本通運は、顧客や従業員などあわせて約1300人分の個人情報が、インターネットへ流出したと発表した。

同社大竹支店の従業員が業務情報を持ち帰り、自宅の私用パソコンでデータを保管していたところインターネット上へ流出したもので、2月2日に外部より指摘があり、調査をしたところ判明した。

同社によれば、データが流出した時期は、2009年5月ごろで、取引先の顧客情報約1000件や従業員情報約300件が含まれるという。

同社では今回の流出を受け、関係者へ連絡を取っている。またファイルの暗号化や無断持ち出しの禁止、社内教育など再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2011/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
13年以上にわたる顧客情報の持ち帰りが判明 - 北海道信金
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
無許可で持ち帰った業務用記録メディアが鞄ごと盗難被害 - さいたま市
卒業証書の作成委託先で小学校1クラス分の調査票を一時紛失 - 川崎市
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市