Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォンにはPCと同様のリスク - IPAが注意呼びかけ

スマートフォン利用にあたり、被害に遭わないポイントとして、信頼できるウェブサイトから正規版を入手することを挙げている。事前審査のないもののGoogleのAndroid Marketでは、ポリシーに反するアプリは削除されるため一定の信頼があるとしている。

それ以外のサイトについては運営会社の信頼性やポリシーを確認して利用すること求めており、非正規のソフトについてはウイルス混入の可能性があり利用をさけるようアドバイスしている。

また普段利用する際は、設定画面から「提供元不明のアプリ」設定のチェックを外しておき、誤ってインストールしないよう変更しておくなど対策のコツを紹介。インストールする場合は、インストール時に表示される「アクセス許可」の一覧には必ず目を通すことを勧めている。

英語版であったりベータ版のケースもあるが、最近ではスマートフォン向けのセキュリティ対策ソフトをセキュリティベンダー各社がリリースしており、あわせて導入を検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減