Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年第4四半期の脆弱性届け出、大幅減に - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2010年第4四半期の脆弱性に関する届け出状況を取りまとめた。ソフトウェアとウェブサイトいずれに関する届出も前四半期より減少している。

レポートによれば、同四半期の届け出はソフトウェアに関するもの20件、ウェブアプリケーションに関するもの47件の67件。前四半期の115件から大きく減少した。特にソフトウェアに関する届出が、前期の42件から半減している。

届出件数の累計は6438件で、ウェブアプリケーションに関するものが全体の83%を占めている。1日あたりの届出件数は4.11件で、2009年第2四半期の4.66件をピークに減少傾向が続いている。

脆弱性の修正状況を見ると、ソフトウェアに関するものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を行い、開発者が修正を完了したものは31件。届出の受付開始以来最多件数で累計は466件となった。

(Security NEXT - 2011/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に