Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年間にセキュリティ事故や事件を経験した企業は26.3% - NRIセキュア調査

過去1年間に情報セキュリティに関する事故が発生した企業は、大幅に減少して26.3%となり、3割を切ったことがわかった。

同調査は、NRIセキュアテクノロジーズが東証や大証上場企業、従業員規模が大きい未上場企業など、全国3000社を対象に8月から9月にかけて郵送によりセキュリティ対策状況についてアンケート調査を実施し、判明したもの。有効回答702社。

2009年に実施した前回調査では、過去1年間に情報セキュリティに関する事件や事故を経験しなかったとする企業は35.3%だったが、今回の調査では73.6%と倍増した。

事故の発生状況を見るとウイルスやワームの感染がもっとも多く、事故が発生した企業のうち57.2%が経験。会社が貸与したPCの紛失や盗難が41.4%、会社貸与の携帯電話の紛失が32.9%で続いた。

(Security NEXT - 2010/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない