Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeのアップデートを装ったウイルスメールに注意 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが10月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について取りまとめた。

検知したマルウェアランキングの1位は「INF/Autorun」で、全体に占める割合は6.22%と前回よりわずかに後退。2位に「Win32/Conficker」、3位に「Win32/PSW.OnLineGames」と続き、上位3種に変動はなかった。

ランキング下位も大きな動きは見られないが、唯一目立った動きを見せたのは、前回30位から8位に浮上した「Win32/Bflient.K」。リムーバブルメディア経由で感染を広げるワームで、クリック詐欺に使われるURLのリストを保持している。

また同社では、ソーシャルエンジニアリングの手法を利用した複数の詐欺行為を確認している。マイクロソフトの関連企業のサポート担当者を騙ってユーザーに直接電話をかけるもので、PCがウイルスに感染していると嘘の説明を行い、偽セキュリティソフトをインストールさせようとするものだったという。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン