Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobeのアップデートを装ったウイルスメールに注意 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが10月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について取りまとめた。

検知したマルウェアランキングの1位は「INF/Autorun」で、全体に占める割合は6.22%と前回よりわずかに後退。2位に「Win32/Conficker」、3位に「Win32/PSW.OnLineGames」と続き、上位3種に変動はなかった。

ランキング下位も大きな動きは見られないが、唯一目立った動きを見せたのは、前回30位から8位に浮上した「Win32/Bflient.K」。リムーバブルメディア経由で感染を広げるワームで、クリック詐欺に使われるURLのリストを保持している。

また同社では、ソーシャルエンジニアリングの手法を利用した複数の詐欺行為を確認している。マイクロソフトの関連企業のサポート担当者を騙ってユーザーに直接電話をかけるもので、PCがウイルスに感染していると嘘の説明を行い、偽セキュリティソフトをインストールさせようとするものだったという。

(Security NEXT - 2010/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」