Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Webのスパム対策エンジンに一時不具合 - メールデーモン停止のおそれ

ネットフォレストは、同社が提供しているDoctor Webのスパム対策エンジンにおいて、一時メールデーモンが停止する不具合が生じたと発表した。

11月18日17半ごろから配信されたFreeBSD向けに配信されたスパム対策エンジンで不具合が生じたもので、読み込みに失敗し、メールデーモンが停止する可能性があったという。

19日1時50分ごろより修正したエンジンを提供しており、すでに問題は修正されているという。原因はわかっておらず、同社ではDoctor Webへ確認を行っているという。

同社は、スパム対策エンジンファイルのタイムスタンプが19日1時50分以降になっていることを確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
厚労省の「マイジョブ・カード」、別人情報が表示される不具合
「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報
一斉配信メールのヘッダ内に無関係メアド、不具合で - 日本心理学会
確定申告機能に不具合、データが未送信 - 弥生
洋菓子通販サイトで不具合 - 配送先情報を誤表示
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
クラウド請求書「INVOY」、一部利用者情報が閲覧できる状態に
TVerアプリでオプトアウト設定が書き換わる不具合 - データを外部送信
就職情報サイト「マイナビ」、応募者データのDL機能に不具合