Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Webのスパム対策エンジンに一時不具合 - メールデーモン停止のおそれ

ネットフォレストは、同社が提供しているDoctor Webのスパム対策エンジンにおいて、一時メールデーモンが停止する不具合が生じたと発表した。

11月18日17半ごろから配信されたFreeBSD向けに配信されたスパム対策エンジンで不具合が生じたもので、読み込みに失敗し、メールデーモンが停止する可能性があったという。

19日1時50分ごろより修正したエンジンを提供しており、すでに問題は修正されているという。原因はわかっておらず、同社ではDoctor Webへ確認を行っているという。

同社は、スパム対策エンジンファイルのタイムスタンプが19日1時50分以降になっていることを確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害